車の売買契約をしてから買取金額を減額されたり、クーリングオフ

車の売買契約をしてから買取金額を減額されたり、クーリングオフが認められなかったというトラブルが多く発生しています。契約書を細部まで読んでおかないと後になって困るのは自分なので、面倒がらずに目を通してください。



特に、キャンセル料の有無は大切なので、十分に確かめるようにしましょう。車は初めて車検証が発行されてからの年数でカウントして「何年落ちの車」などと言って古さを表します。よく混同しやすいのですが、製造年ではなく初めて登録した年から数えるので間違えないようにしましょう。
年式の古い車は査定額が落ちるのが普通で、10年目からは驚くほど低価格になりかねません。


売っても儲けは僅かでしょうが、もし購入する気持ちで考えてみると、状態の良い10年落ちの車と出会うことができれば、相当安く買えるということです。車の売却に関して、車検期間がほとんどそのまま残っている場合には、査定時にプラス評価が付きます。

そうは言っても残り期間が1年以下だと評価は少なくなっていき、車検の残り期間が数ヶ月となると既にプラス査定は期待できなくなります。


でも見積金額アップを狙って車を手放す直前に車検を通しておくことはあまり意味がありません。車検の残り期間がたとえフルであったとしても、車検にかかる総費用分以上に査定金額の上乗せはないからです。中古車を購入しようとするときに気になってくるのは、年式に加えて、走行距離になるでしょうね。

一般的に言って中古車の走行距離とは、1年間で1万kmくらいと考えられています。
だから、10年乗って10万kmくらいが普通の中古車の走行距離ということになります。今乗っている車を手放したいと思っても、査定目的でお店に突然車を乗り付けていくのは得策ではありません。
複数店舗の査定額などその場では比較しようもありませんので、悪い言い方をすれば業者の言い値になりかねないからです。
もっとも、良いところもないわけではありません。
それは、スピードです。現物はすでに店舗に乗ってきているのですから査定を待つばかりですし、売買契約に必要な書類や印鑑が揃っていれば、トントン拍子で契約完了ということも考えられます。近頃では、車の買い換えを行う際、業者の査定を受けて売却するという人も増えてきています。

そこで注意しておくべきは、車の事故歴、修理歴を相手の業者に伝えないでいるとどうなるか、ということです。



業者に車を売る際に契約書を交わす訳ですが、そこに記載の買取査定規約を読んでみると、これには、車を売る人がその車の事故歴を把握しているならそのことを申告する義務について記されています。
これにより、事故歴や修復歴をあえて隠していた、申告していなかった、という場合には、売買契約成立後、それどころか買い取り後でも事後減額要求ができることになっていますから、事故歴は隠さず、申告しておきましょう。


こちらに非のない状態でぶつけられたりして、その後、修理して乗るというケースは案外多いものです。
ただ、当時は大丈夫でも下取りや中古車買取を依頼する際、事故車ですから事故歴がない車と比べて査定額が極端に下がることも予想されます。


恨めしいところですが、事故の相手にはこのマイナス分は請求できるのでしょうか。それはまさにケースバイケースで、どのような判定になるかはわかりません。仮に当事者同士で話し合っても自動車保険会社は保険金の支払い対象として認めることはほぼないです。やむをえず訴訟に踏み切ることも視野に入れた上で弁護士事務所などと話し合ったほうがいいかもしれません。
中古車を査定に出す場合、タイヤの溝の減り具合も査定項目に含まれているので、残りが少なくなっていたら査定金額からマイナスされます。

そうは言っても、売却が決まったときに新品のタイヤに履き替えてもかかった費用以上の上乗せは見込めないので、タイヤを新品に変えても意味がありません。しかしながら、履いているのがスタッドレスタイヤの場合には、あらかじめノーマルタイヤに戻した方が賢明です。スタッドレスタイヤは時期や季節によって需要の有る無しがハッキリしているために、減点対象になってしまうことがほとんどですから。改造車は売ることができないと思っている人は多いかも知れません。しかし、改造車でも買取査定に出すことはできます。



しかし、何処にでも在る一般的な買取店舗では必ず買い取りしてくれるとは限らずに、査定が高く評価されない場合があることを覚えておいてください。

もしも改造した車を売りたいのならば改造車に造詣が深くて、独自の販売ルートを持っている専門業者で査定してもらい買取の手続きをするのが賢い選択です。売却車の状態によっては改造車でも思ったよりも高い査定額が出される可能性もあるのです。車の査定依頼を中古車販売店にする場合は、お金をとられることはまずありませんが、車を買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、つい下取り額にばかり目がいって、査定代のほうまで気が回らないことがあります。査定手数料は現金で支払うことはなく下取額から引くのが普通ですが、同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っていると確認するのを怠りがちですので、ディーラーが下取り査定をする以前に、査定は無償なのかそうでないかをはっきり聞いておくべきです。


査定手数料をとる場合でもかけあいの仕方次第で金額が変わることがあるからです。